師匠の能面展を見学しに昨日は浜松へ。
f0361132_14071816.jpg

折角なので御朱印を求め直虎に湧く「龍潭寺」に立ち寄りました。
彦根「龍潭寺」と共に井伊氏の菩提寺として歴史を刻んでいます。
f0361132_14094577.jpg

観光バスも乗り入れて、素晴らしい賑わいでした。
流石「大河ドラマ」の効果は凄いです。
f0361132_14175788.jpg
f0361132_14181518.jpg

甚五郎さんの龍の彫り物は今にも動きそうでした。
お庭に面して椅子が並べられ、お年寄りでも楽に鑑賞出来るように気遣いもされていました(^.^)
無事に御朱印を頂き、お昼は「辻房〈つじぼう〉さん」で和食ランチを頂きました。
f0361132_14312415.jpg

お造りがプリプリ新鮮で、熱々揚げたての天婦羅も待ってきてくださいました。おかみさんの笑顔が素敵。お食事も好感度も百点満点でした(*^.^*)
師匠の展覧会の宣伝をおかみさんにもさせて頂き
会場である「本興寺さん」へ。
豊橋の吉田城の大手門を移築した山門を抜け進むと、現在国の重要文化財に指定されている、茅葺き屋根の立派な本堂が悠然と佇んでいます。
f0361132_14540537.jpg

f0361132_15140001.jpg

本堂へ行くまでに両脇にいくつかの院があり、櫻の木やつつじが植えられ、手入れが行き届きとても美しく整備されています。
f0361132_15582274.jpg

f0361132_15113039.jpg

坂井先生の作品も境内に静かに並んでいました。
先生の面は舞台に立つと表情が際立つと、能楽師の方々の評判も上々で能舞台で使われる事が多いのです。
f0361132_15244299.jpg

11月にも此方で能楽師さんの能「猩々(しょうじょう)」のワークショップがあります。
勿論使用される面は坂井先生作です(^.^)
先生は工房の棚も器用に自作されています。わかりますか?
棚に張られた能面の切手が拘りを表してますよね?
f0361132_15473249.jpg


雨降りませんね~(^_^;)
お出掛けにはありがたいですけどね(^_-)
f0361132_15501813.jpg

[PR]
by sakuramoon7767ryo | 2017-06-17 13:59 | Trackback | Comments(24)