その後の能面と師匠の面による薪能「天鼓」🎵

昨日は直している能面のチェックをして頂きに師匠の元へ。
f0361132_15213708.jpg


違いがわかりますか?
展示した当時の面は
f0361132_15231922.jpg

近くで見る分には良かったのですけど…
舞台の上では存在感が弱かったのです。
目に更に彫刻刀を入れ、周辺をサンドバペーパーかけました。
この角度も好きです。
f0361132_15272101.jpg

これであとは薄く胡粉を掛けて、再度彩色してゆきます。
仕上がったらまた見てくださいね(^.^)

そして師匠の坂井孝作の「阿古父尉(あこぶじょう)」を使った「天鼓」が岡崎城二の丸能楽堂で演じられます。
4月30日(日)午後3時半開場
シテ:観世流能楽師「山中雅志」
解説:観世流能楽師「山下麻乃」
f0361132_15524088.jpg
f0361132_15533751.jpg

「天鼓」あらすじ
中国のお話です。
ある老夫婦の妻が、天から鼓が降りてくる夢を見て一子を生み「天鼓」と名付けました。その後美しい音色の本物の鼓が天から降りて、その子のものになりました。
噂を聞いた天子が鼓を献上するよう命じますが、それを拒んだ少年は、呂水に沈められ鼓は召し上げられます。
しかしその鼓は誰が打っても音が出ません。
愛児を失い悲嘆する老父は、宮中へ来て鼓を打つように命じられます。老父が打つと不思議と音が出ます。天子はこの奇跡に哀れを感じ沢山の褒美の宝を与えて帰しました。
その後天鼓のために呂水の堤で音楽法要が行われます。
すると天鼓の霊が現れて、手向けの舞楽を謝し、自らも鼓を打ち喜びの舞を舞う…。
という演目です。
天鼓の面も師匠の作品です。
f0361132_16143051.jpg

女面、男面、若い面老いた面、何を造られても演目により表情が活きてくる素晴らしい面なのです。
今回は老父も天鼓も、前ジテ後ジテで山中雅志さんが努めます。
山下麻乃さんの解説は能の世界を楽しく、解りやすく説明して下さるので必見です(^.^)
まだチケットがわずかに残っているそうですので、ご興味のある方はお問い合わせ下さいね(^_-)
📞090-1296-7518〈坂井孝〉
[PR]
Commented by pikorin77jp at 2017-04-04 19:44
こんばんは。
面の表情が 生きてるようです。
作られながら 魂がはいるのでしょう。
そして その面をつけて舞うことによって
体の動きと一緒に さらに 生々しく感じられるのでしょう。。素晴らしいですね。
Commented by yocomilk at 2017-04-04 21:04
こんばんは。
地道な作業が続くのですね。
以前より、お顔がはっきりしたような気がしました。
またぜひ見せて下さい。
Commented by atranze at 2017-04-04 21:12
☆彡sakuramoon7767ryoさん☆彡
能面って魅力ありますよね。
彫る人使う人によっても活力の違いが出るのでしょうね。
同じものがないのではないでしょうか。
表情も見る人も気持ちや、その時の状況によっても相違が出るのでしょうね。
ホント不思議な能面ですね。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-04 22:03
ぴこ様♪
こんばんはー(^.^)
師匠の面は肌の質感が半端なくリアルです。
能楽師さんが装着されると、能楽師さんの動きで面に心が宿るような錯覚に陥ります。

面に対する愛情もとっても熱い師匠です(^.^)
でもポケモンしてる可愛い師匠でもあります🎵
Commented by umisanjin at 2017-04-04 22:05
こんばんは。 表情が違いますね、、、さらに、仕上げていくと
魂があるような、顔だちになっていくのでしょうね。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-04 22:11
yoco様♪
こんばんはー(^.^)
はい目を少し大きくしたので、ハッキリとしたように思います。
最初の作品は、なかなか思い切り刀を入れれませんね。とりあえず納得するまでお直し頑張ります。
完成したらまた見てくださいね(^-^)/
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-04 22:17
異邦人様♪
こんばんはー(^.^)
はい。基本能面は古いものを写すのですけど、作り手によって表情がとても違ってると思います。
また能楽師さんの好みによっても、選ばれる面が違ってきますね。
私の師匠の面は、現在沢山の能舞台で使われていますよ(*^^*)
Commented by ruolin0401 at 2017-04-04 22:18
お世話様です。
昨年ですかね、このブログで能面を見た事を思い出しました。
手直しした能面は眼の瞼が違うのがはっきりわかります。
前ジテ後ジテとかありましたが、
記事を読ませて頂いても能の事は分かりません。
能を舞う人、能面を創る人とかいろいろな方がいるのでしょうが一度見てみないと分かりませんね。
少しネットで勉強してみます。

Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-04 22:22
海山人様♪
こんばんはー(^.^)
目を少し大きくしたので表情がハッキリしたように思います。
彩色も時間をかけてしっかりやるつもりです(^.^)
去年の展覧会で最後の仕上げが、急ぎ過ぎてしまいましたから、今はじっくり直します🎵
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-04 22:33
素浪人様♪
こんばんはー(^.^)
目元の違い…分かって下さりありがとうございます🎵

シテというのは主役のことで、今回は前半は老父として主役をし、後半は天鼓(此方も後半の主役です)という子供の役も演じるので(一人二役ですね)前ジテと後ジテという紹介がされているのです。
すいません、判りづらいですね(^_^;)
私もまだ初心者なもので…
是非調べてみてくださいね~🎵
Commented by renchiyan3 at 2017-04-05 04:44
おはようございます
能面ってやはり同じように見えても作る人によって表情違いますね
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-05 09:47
renchiyan様♪
おはようございます(^.^)
そうですね。
同じ題名の面を作っても全く違う表情になります。
それぞれ作り手の性格が出るのでしょうか?
コメントありがとうございます🎵
Commented by funfunniconico at 2017-04-05 10:03
能面って、魂が宿っているように見えて、
小さいころは怖かったのを覚えています。

sakuramoonさんの能面もますます磨きがかかり、
素晴らしいです。
Commented by kaorunchoko at 2017-04-05 12:37
❤sakuramoonさん こんにちは!
はい!一目でわかりましたよ~(^^)v
目が変わるだけで、随分と印象がかわる物なんですね!!!
口元の印象も変わった様に感じました。
私も上からの角度で見た写真、イイと思いますヽ(^。^)ノ
能舞台、一度も見た事無いんです。。。
歌舞伎は一度だけ、地元に来た時観ましたが、途中で寝ちゃった(~_~;)
能舞台も一度くらいは観てみたいな!!!
「天鼓」のお話し、悲しいお話しですね。老父の面の悲しい表情に心打たれます。

↓揉み和紙に書いた「佛心」力強く素晴らしいですね\(◎o◎)/!
黒の紙に白の文字は、何でお書きになられるんでしょう???
普通は白に墨だから、黒い文字ですもんね!不思議な感じでした。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-05 14:17
きゃふぁにこ様♪
こんにちは(^-^)/
能面は去年の展覧会に間に合わせたので、最後の彩色に拘れなかったので(^_^;)
お直しはじっくりと時間をかけて頑張ります❗
ありがとうございます(^.^)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-05 14:42
kaorunchoko様♪
目は口ほどにものを言う…でしょうか?
目元の印象で口元の見え方も変わるかもですね?
能舞台は私も数回しかみてませんけどね~(^_^;)
しっかり予習してあらすじなど勉強して行かないと、ちんぷんかんぷんです(^_^;)
歌舞伎は一度だけ観ましたけど、やはり途中の舞踊で寝てしまいました(^_^;)

揉み和紙の書は、蝋で書いてから墨を吹き付け、アイロンで蝋を溶かし取るんですよ(^.^)
安形さんは蝋を使う宇宙シリーズの絵画も描いてみえますよ🎵
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-05 21:28
こんばんは
昨晩は花見、今日も花見に出かけて、めちゃめちゃ出遅れました。
能面の違いは、はっきり分かりましたよ。
目が大きくなって、彫が深くなった。
一重のようだったのが、はっきり二重になりましたね。
より美しい顔になったと思います。
能面の作成も、結構たいへんだというのが、制作過程をずっと拝見しててよく分かりました。
4月30日の薪能は面白そうですね。ちょっと遠いのが残念です。
Commented by ruolin0401 at 2017-04-05 21:36
富士への散歩道です
富士山の雪は7月でも残っていますよ。
8月のお盆の頃には全て溶岩の赤い色になります。
そこに朝陽があたると赤富士になるのです。
能の事ネットで調べてみました。
山中雅志は画像も含め詳しく出ていました。
師匠の能面師坂井孝氏も分かりました。
ネットで坂井氏を検索していたら
能面師坂井孝:晴れ時々曇りな日という記事がありましたよ。
では又。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-05 22:59
旅プラス様♪
東京は満開だそうなので、お花見と取材に大忙しですね~(*^^*)
此方は今週末が良さそうです。
雨が降りませんようにと祈ってます(^_^;)

能面の違い分かって下さってありがとうございます❗
あとは彩色をしっかり時間をかけて仕上げたいと思います(^.^)

薪能…旅プラスさんの分もしっかり楽しんで来ますね
(^_-)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-05 23:08
素浪人様♪
雪は7月まで有るんですか?
以前日本平で見た時は全く雪が無かったんですけど、あれは8月だったのかな?
富士山は雪があった方がらしくて素敵ですよね(^_-)

いろいろ能についても調べて下さったんですね🎵
ありがとうございます(^.^)
興味を持って頂けると嬉しいです❗
by sakuramoon7767ryo | 2017-04-04 15:17 | Comments(20)